シアリスでED治療

シアリスの購入方法は海外医薬品の通販と病院処方

シアリスの購入方法

人気のED治療薬であるシアリスの購入方法についてここでは紹介していきたいと思います。

簡単に言うとシアリスを入手する方法としては2パターン存在します。

その方法は「海外医薬品の個人輸入」と「医療機関による処方」の2つです。

ED治療薬の購入方法

海外医薬品の個人輸入?とあまり聞きなれない人もいるかもしれませんが、詳しくご説明いたします。

医療機関による処方というのは、ほとんどの人が経験したことがあるかと思いますが、病院などでお医者さんからお薬を出してもらうことです。

風邪薬や抗生物質もそうですし、肌荒れの薬や目薬なども処方してもらえますね。

シアリスも同様で医療機関から処方してもらうことができるんです。

この2つの入手方法、どちらが良いのか?というのを様々なことを比較しながらご紹介していきたいと思います。

病院処方による入手方法

シアリスを病院で処方してもらう?そんなの絶対に嫌だ!と考える人は決して少なくありません。

その理由としては、医師とはいえ知らない男性に自分のペニスを露出することに抵抗があったり、総合病院ならまだしも泌尿器科などの専門の病院の場合、知り合いに出入りしているのを見られるかもしれないといったことがあげられます。

もちろん自分は気にしない!と考える男性もいますが、デリケートな病気のため比較的オープンにできない人の方が割合としては多いといえます。

病院処方

そうした人がいることから、近年では少し改善されている点もあるんです。

それは、医師の前でペニスを露出しなくても良い点です。

よほど特殊な場合でもなければ基本的には問診のみで薬を処方してもらうことができます。

特殊な場合というのは、持病を持っていたり、外傷があったり性感染症などの可能性がある場合であって、単純に勃起不全の場合だと問診のみで薬を処方してもらうことができます。

さらに、そういった泌尿器科などではプライバシーに配慮がなされているところも多いです。

出入り口が大通りから見にくかったり、患者同士が合わないように工夫した作りになっていたり、入口と出口が違うなんていうところもあるくらいです。

「それなら病院で処方してもらおう!」いえいえちょっと待ってください。

病院でシアリスを処方してもらう場合の流れを説明しますね。

まずは病院で診察を受けます。

このとき、費用は病院によって異なりますが「初診料」や「診察料」「処方箋」などがかかります。

問診だけなのに診察料?と疑問に思うかもしれませんが、問診も立派な診察に含まれるのです。

そして、処方箋を出してもらえば当然、薬を購入する際にも費用が掛かります。

そんなの保険に入ってれば大きな出費にならないでしょ?と考えれる人もいるかもしれませんが、これらすべて「保険適用外」なんです。

初診料から診察、薬の購入にかかる費用、すべて自費負担となってしまいます。

保険適用外

どのくらいの費用がかかるのか?これは医療機関によって異なるため一概にご紹介するのも難しいです。

しいて言うのであれば総額で7000円から10000円前後が最も多い相場と言えます。

そして、そこに通院の手間だったり費用がかかるのではっきり言って手軽に購入できるものではないと思った方が良いです。

時間もお金も気にしないという人にしてみれば大した問題ではないかと思いますが、世界一忙しい国とも言われていて、基本的に時間に追われている日本人からしたらそういう小さな時間ですら惜しいと考える人が大多数を占めます。

じゃあ病院で処方してもらうメリットってなんなの?と考えるかもしれませんが、病院で処方してもらう最大のメリットは「安心と安全」です。

医師が適切な服用方法を教えてくれて、効果や成分などについても解説してくれるので患者の視点からすれば心配することがありません。

時間とお金で安心と安全を買う!という感覚でしょう。

薬は正しく服用すれば効果を有意義なものにできてますが、間違った服用は重い副作用が出たり体に悪い影響が与えたりする可能性があるため、慎重さと正しい知識が必要です。

海外医薬品の通販による入手方法

もう1つのシアリスの入手方法は海外医薬品の個人輸入による入手方法になります。

個人輸入とは?と考えた人も多いかと思います。

確かに聞きなれない言葉ですよね。

個人輸入というのは旅行でも仕事でも海外に行った際に、海外で薬を買ってそれを日本に持ち帰った場合はそれは個人輸入と言えます。

もちろん、輸入禁止のものであれば税関で止められてしまいますが、そうでなければ輸入することができます。

この方法であれば海外で販売されているシアリスを購入し持ち帰ることができます。

え?わざわざシアリスを買いに海外行くの?いえいえ、そんなことはありませんよ。

今は個人輸入の代行サイトという便利なものが存在していて、海外の医薬品はもとより日本で処方箋が必要とされる薬に関しても病院に行かずして通販で購入することができます。

簡単に分かりやすく言えば海外医薬品の通販ということです。

海外医薬品の通販

通販であれば多くの人が経験をしたことがあるのではないでしょうか?

海外医薬品の通販と言っても輸入代行サイトは日本人向けのサイトなのですべて日本語表記をしていて、日本語で電話問い合わせも可能です。

先述で説明した病院処方と比較するとまず通院の手間がないという点は優れている点と言えますね。

そして、海外通販だとなんと!シアリスの価格自体も病院処方よりお求め安くなっています。

病院であれば初診料や診察料などがかかりますが、通販ならネット環境が整っていれば誰でも購入できるためそれらの費用がかからないのです。

しいて言うなら海外から製品が送られてくるので、送料が約1000円程度かかってしまいますが、それでも通院に比べるとかなり費用を抑えることが可能です。

では、海外医薬品の通販はメリットしかないのか?と言われるとそうではありません。

海外から製品が送られてくるためネットで注文してから到着まで10日前後かかってしまうということがデメリットと言えます。

そのため計画的、もしくは定期的に注文をしてシアリスを常備しておくということが必要になってしまいます。

ただ逆に言えば、計画的に利用するのであれば、断然お得で第三者にバレることもないのでこれからシアリスの購入をしようと考えている人には、海外通販をオススメします!

海外医薬品の通販

また、病院での処方のメリットは安心と安全と説明しましたが、海外医薬品の通販で薬を購入する場合はすべて自己責任となるため薬の成分や副作用、併用禁忌などについては自分で事前に調べておく必要があります。

自己責任と聞くととても不安になると思いますが、現在の世の中では調べたい情報などはパソコンやスマートフォンなどで簡単に調べることができ、シアリスも例外ではありません。

成分や特徴、服用方法や一緒に飲んではいけない薬など、調べる方法はいくらでもあります。

これらを正しく理解して海外医薬品の通販を利用するのであれば、とても便利なツールとして欠かせないものになります。