シアリスでED治療

EDの原因はストレスや生活習慣!治療薬などの改善方法についてご紹介します。

EDの原因と改善方法

EDとは何か?EDになる原因とは何なのか?そしてその改善方法についてここでは紹介していきます。

EDの原因やメカニズムを正しく理解することで、改善方法だけでなく事前に予防するということも可能になります。

なので、現在EDに頭を悩ませている人はもちろんのこと、年齢が若く現在EDとは無縁という人も、今後なる可能性はあるので是非覚えておいて欲しいです。

EDの原因

EDとは

EDは「Erectile Dysfunction」の略です。

日本語で「勃起不全」「勃起障害」少し昔の言い方だと「インポテンツ」など言われています。

インポテンツに関しては差別的な用語と扱われることがあるので、近年ではほとんど使われることはありませんが、年配の人の間ではごく稀に使われることもあるそうです。

この病気、実は意外と歴史が古いんです。

少なくとも1960年代ごろには勃起不全の患者が数人いて、詳しい原因や具体的な治療薬というのは存在していませんでした。

そこから精力剤と言われるドリンクなどが登場したりするようになりますが、バイアグラが登場する1990年代まで具体的な治療法は世に出回っていませんでした。

EDのメカニズム

昔は症状などもあやふやで、あまり重く捉えられていなかった経緯がありますが、今では社会問題にも関わりがあるとして、しっかりとした「定義」も存在します。

定義は「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」とされています。

分かりやす言葉にするとセックスをする際に、勃起をするまでに時間がかかってしまったり、勃起をしても硬度が保てずに萎えてしまう(中折れ)などしてセックスをスムーズに遂行できないことを言います。

どうしてこうした現象が起きてしまうのでしょうか?

こうした現象が起きてしまう原因についてご紹介していきたいと思います。

原因と改善方法

もともとEDは年配の人に多い生理病とされていましたが、近年では20代の若年層のEDというのも増えています。

その理由として一番に上げられるのは時代背景にあります。

そうです、今の時代はストレス社会とも言われていて、ストレスが原因となってEDを引き起こすケースが増えているんです。

そうしたことから夫婦の営みが減少してセックスレスになるという想像をするにも決して難しくはありません。

晩婚化という言葉もここ数年でよく耳にする機会が増えましたが、その原因の一つに若年層のEDというのも含まれています。

では、実際にどういった仕組みでEDになるのか、原因とメカニズムについてご紹介します。

EDになる原因は大きく分けて4つ程あります。

器質性ED

器質性EDは加齢や病気などに伴って身体のいずれかに異常をきたし、それが原因となりEDを引き起こすものです。

重要になるのは血管や神経で、これからが加齢や病気で正常通り機能しなくなるとEDになる可能性があります。

若年層のEDの原因としては多くはありませんが、血管や神経の他にも、単純に交通事故などによる外傷によってEDになる場合は十分にあり得ます。

器質性ED=身体的要因が原因」としていて、主な病気だと動脈硬化や糖尿病、高血圧を含む生活習慣病があげられます。

実際にED患者の半数以上が上記いずれかの病気を併発しています。

器質性ED

改善策として一番手っ取り早いのはED治療薬によって勃起現象を起こすことです。

近年ではシアリスをはじめとした多くの効果的な薬が開発されていますが、これらはあくまで根治を目的としたものではなく、その場を凌ぐものと考えておく方が賢明です。

根治をしない限り、性行為をする前に必ず飲む薬となってしまいますので、できることなら薬を飲まずに治療をすることが重要ですし大切です。

完全に治療をする方法は、いたってシンプル!日々の生活を見直して規則正しい生活をすること!

そして、もし併発している病気があるなら、その治療を優先していくことで少しずつEDも改善の方向へと進んで行く事になります。

時間は多少なりともかかりますが、完全に治してしまえば薬に頼ることなくパートナーと性行為ができます。

もちろん薬が悪いということではなく、あくまで理想論です。

生活を見直して、毎日規則正しい生活をしていく上でED治療薬を用いて性行為に至るということは決して悪いことではありません。

ただ、薬に頼りきりになり生活を改善しない、他の病気を治療しない、というのは解決にはならないということをお伝えしておきます。

心因性ED

心因性EDは心が原因となってEDを引き起こすものです。

冒頭でも触れましたが、今現在はストレス社会と言われていて働き盛りの男性は何かしらのストレスを毎日受けながら生活しています。

そうした中で精神的にまいってしまい、それがEDを引き起こしてしまいます。

例えば、女性経験が少なかったり全くない男性が、いざ女性と性行為をするというときに勃起現象が起きなくなってしまうという話を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、これも「ちゃんとできるかな?」という不安、「彼女を満足させないと」というプレッシャーという名のストレスに該当します。

心因性ED

改善策としては一時的な改善であれば器質性EDと同様でED治療薬を服用することです。

そして、完治を目指すのであれば環境を代えるというのがとても重要です。

環境を代えるといっても転職したり転居するということではなく、毎日の生活に余裕を持つことがとても重要です。

「時間に終われない時間」というものを作ってストレスを感じない時間をしっかり確保することで気分的に余裕が生まれると思います。

こうした少しの改善でも、意外と治療できたりします。

また、女性経験からくる不安や心配事、プレッシャーに関しては、地道に経験値を増やしていくこと、その性行為を行うパートナーとしっかり信頼関係を築くことなどで改善していくことができます。

心因性EDを改善する一番のポイントは「とにかく焦らない」ということです。

混合性ED

混合性EDは「器質性ED」と「心因性ED」のどちらも原因となって引き起こすものです。

大体の場合は器質性EDを引き起こした後に心因性EDを引き起こす場合が多いです。

混合性のEDははっきり言って一番厄介で、根治を目指すとなるとかなりの時間が必要になります。

混合性EDになってしまう、よくあるパターンなのが、数年前まで「糖尿病になるとEDになる」なんて話が流行った時期がありました。

その噂を鵜呑みにした人が、糖尿病になってしまった際に「EDになってしまう」と不安がり、それが悩みとなり病んでしまった結果、混合性EDを引き起こすという場合があります。

他にも、生活が不規則で、疲れなどから一時的にEDになってしまったりした場合に必要以上に深く考えてしまい負のスパイラルを起こし混合性EDになってしまうという場合もあります。

混合性EDにならないようにするためには、器質性EDを引き起こした際に「深く難しく考えない!」というのが一番大事で、器質性EDの原因となっている病気などをしっかり改善するようにしましょう。

混合性ED

改善策としては基本的には器質性EDと心因性EDの改善策と同様にで一時的な改善なら薬を服用すれば性行為は可能ですが、根治を目指す場合は地道に病気などを治療しながら精神面をケアしていくことが大切です。

そのためにはパートナーであったり医師の協力が必要不可欠になるので、信頼できるパートナーや医師に状態を伝えてしっかり協力をしてもらいましょう。

薬剤性ED

薬剤性EDはその名の通り、服用している薬によってEDを引き起こすことをいいます。

例えば持病などで継続的に薬を服用しているとして、その薬の副作用などでEDになってしまっている場合などがあります。

改善策はシンプルなもので、薬の服用を中止すればEDは改善されます。

ただし、持病が悪化しないように継続的に薬を服用しているわけなので、その薬の服用を医師に相談せず止めてしまうのは非常に危険です。

また、薬によってはED治療薬の併用が可能な場合もありますが、併用禁忌薬というものも存在します。

併用しても大丈夫かどうか、必ず自身の主治医、もしくは持病の薬を処方してもらっている医療機関の医師に確認する事が必要です。

薬剤性ED

EDの原因から改善策を簡単にご紹介してきましたが、どの原因にも共通して言えることは、「健康第一」ということです。

規則正しい生活を心がけて、自分なりのストレス解消の方法をしっかりと見つけ生活できていれば、EDになる確率はかなり低くなります。

もちろん加齢による衰退というのは仕方がないですが、それでも適度な運動をしていれば衰退速度は抑えることができるので、時間を見つけて適度な運動をうることもオススメです。

性行為は現代に生きる人にとってはパートナーとスキンシップを図る、快楽を得る行為として捉えている人も多いですが、一番の目的は子孫を残すという繁殖行為です。

どちらにしても勃起現象が起きないことには何もできません。

個人1人としての問題ではなく恋人や奥さんとの2人の問題として認識してしっかり改善するようにしましょう。