シアリスでED治療

シアリスやジェネリックのタダリフトの服用方法や副作用、特徴をご紹介します。

シアリスとは

近年、年齢問わず男性の間で増加している生理的な病気があります。

「ED」という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、他の名称では「勃起不全」「勃起障害」少し前の時代だと今はほとんど使われることがない言葉ですが「インポテンツ」という名称もあります。

本来は年配の人に多い病気でしたが、ストレス社会という背景から若者でもこの病気になる人が増えています。

そこで!ここでは簡単に病気を改善していくことができる薬「シアリス」や「タダリフト」に関して紹介をしていきたいと思います。

シアリス

EDのお薬と言えば誰もが知ってるものがありますね。

そうです。「ファイザー」という製薬会社から生まれた「バイアグラ」です。

使ったことがなくても、耳にしたことがある!という人は非常に多いのではないでしょうか?

1990年代に登場して「夢のくすり」とまで言われ爆発的な人気を博しました。

たくさんの人が使用した結果、副作用や服用に条件があるなど様々な不満が使用した人の声としてメディアなどで紹介され始めます。

そうした「欠点」を補い、加えて「飲みやすさ」を兼ね備えて登場したのがシアリスなのです。

この薬は比較的歴史が浅く、ED治療薬の先発薬というくくりでは最も新しいものになります。

※先発薬とは対照の薬効成分を持った中で最初に承認を受けた薬のことを言います。異なった言い方だと「新薬」とも呼ばれたりします。

シアリスが世界で登場したのはバイアグラが登場してから約8年後の2003年で、上記でも説明した通りバイアグラの欠点を補い飲みやすくなって登場しました。

つくったのは「イーライリリー」と「アイコス」という2つの会社の共同出資によるリリーアイコスという会社です。

それから4年後の2007年に日本でも承認され、病院などで処方されるようになります。

そうした背景をへて、今の日本においてはバイアグラと肩を並べ、シアリスは絶大な人気を誇るED治療薬として確固たる地位を築き上げました。

人気がある薬、優れた薬にはEDの薬に限らず共通していることがあります。

それはジェネリック医薬品が多く存在することです。

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品についてはあまり掘り下げて説明しませんが、シアリスを例にして簡単に説明します。

先発薬(シアリス)には特許が存在します。

特許は取得してから10年とされていて、その間は同成分・同製法を用いて同じ用途に使用するお薬を他社が開発することができない仕組みになっています。

これは新薬を製作するのに数億から数十億という費用が掛かり、その費用分を開発した会社がなるべく回収できるようにするためです。

これをしないと、新薬を開発する会社がいなくなってしまい、医療の発達の妨げになってしまうということが懸念されています。

そして10年の時を経て特許が切れたタイミングで他社が同成分・同製法を用いてより低コストで開発し、販売価格も5分の1から10分の1という破格で設定し販売し始めます。

これがジェネリック医薬品です。

例えばとても人気があって、品質も主成分も同じ薬が売られていたとします。

Aが500円でBが100円だとしたらどちらを買いますか?

普通の人の感覚であればもちろんBの方を選びますよね?

需要が高いものを求めやすい価格で販売すれば売れる!ということは想像しやすいですよね?

そうしたことから人気の先発薬には多くのジェネリックが存在するのです。

タダリフトとは

タダリフトとはシアリスのジェネリック医薬品の一つです。

有名どころとしてはタダシップやタダライズ、シアスマ、ビダリスタなどがありますが、なかでもタダリフトはとてもオススメです!

ジェネリック医薬品なので、主成分などはシアリスと同等のものになります。

タダリフト

シアリスやそのジェネリックの主成分は「タダラフィル」と呼ばれるもので長時間型のホスホジステラーゼ5阻害剤とも言われています。

EDの治療に効果的な成分としてここでは紹介していますが、他にも肺動脈性肺高血圧症という病気や排尿障害でもある前立腺肥大という症状にも適応することができる成分です。

この成分が作用することによって陰茎にある海綿体という組織に血液が十分に行きわたり、性行為ができるくらい硬い勃起を可能にしてくれます。

価格もシアリスに比べると3分の1程度で購入できますが、日本国内では取扱いがないため、入手方法としては海外医薬品の個人輸入という形で通販をするしかありません。

入手方法が限られていながらも、このタダリフトはシアリスと同じ効果をリーズナブルで得ることができる!という観点からとても人気が出てきています。

もし気になる人や、シアリスを服用しているが価格がネックだと考えている人がいるなら、今後売切れなどで入手が困難になってしまうかもしれないので早めに購入して自宅保管をしておくことをオススメします。

上記で紹介したシアリスや、このタダリフトはどうしてそこまで人気なのか?

それは薬の効果はもちろんですが、服用方法や副作用、特徴などが大きく関係してきます。

シアリスの特徴・服用方法・副作用

シアリスの特徴

シアリスの服用方法や副作用について分かりやすく紹介します。

分かりやすさを追求すべく、まずはバイアグラとどのように違うのか?優れている点、劣っている点というものをご紹介していきます。

バイアグラよりも優れている点

・食事の影響を受けにくい

・薬効が長い

・副作用の症状が軽い

バイアグラよりも劣っている点

・爆発的な勃起力

・価格

・ジェネリックの種類

シアリスとバイアグラ

食事の影響ということに関しては、バイアグラやシアリスに限ったことではなくほとんどのED治療薬に対して言えることすが、理想の飲み方は「空腹時」がベスト!

ただ、現実問題としてデートをしたら食事をしたりお酒を飲んだりする人が多いのではないでしょうか?

その後、自宅やホテルなどで性行為を持つというパターンが一般的で、最も多いパターンだと思います。

もちろん、特殊な関係で会ってすぐに行為に及ぶというパターンもあるかもしれませんが、少数派なケースです。

そうしたことを想定すると、バイアグラの場合は食事をして、2時間前後は空けないと効果を確実に得ることが難しいので、使い勝手としてはあまり良くありません。

ところがシアリスは、食事の影響を全く受けないというワケではありませんが、薬効が長いということもあり食後1時間程度で服用しても比較的効果を得やすいです。

レストランなどで食事をした後、一息ついて自宅やホテルなどに移動する前に飲んでおくとタイミング的にも丁度良かったりするので、使い勝手はとても良いと言えます。

お酒に関してはどちらも程よくリラックスできる適量であれば、相乗効果を生むこともありますが、飲み過ぎている場合は副作用などで具合が悪くなることもありますので注意が必要です。

シアリスの服用方法

服用方法については難しいことはなく、空腹時に服用するのが理想!

ただし、食後でもあっても他のED治療薬に比べて影響が少ないので1時間程度あければ問題なく効果は得られます。

空腹時においては、30分から40分程度で効果が出始めます。

シアリスやタダリフトの主成分であるタダラフィルという成分は、水に溶けにくいという性質があるため効果が少しずつジンワリと効いてきます。

そのため体に急激な負担がかからず、副作用が出にくい(軽い)のです。

大よその目安としては、パートナーと行為に至る1時間くらい前に服用するのが理想ですが、効果の持続時間が長いので早めに服用しておくぶんにはそこまで気をつかわなくても問題ありません。

効果の持続時間

効果の持続時間が長い」という説明をしましたが、シアリスは別名「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。

これは薬の効果がおよそ36時間にもわたって持続し、週末に1錠飲んでおけば事足りるというところが由来とされています。

例えば、パートナーと週末にお泊りで旅行に行ったとしたとして、土曜日の夕方くらいに1錠服用しておけば日曜の深夜から月曜の明け方くらいまでは効果が持続するので改めて服用する手間がありません。

このメリットとしては、出かける前に服用しておけば旅行に薬を持って行く必要がなく、パートナーに薬を服用していることが知られずに済むというところや、せっかく良いムードになったのに薬を飲み忘れていた!などということがないという点です。

そんなこと?って思うかもしれませんが、ムードがある中で「ちょっと待って!」と薬を飲まれたら良いムードもぶち壊しになって性行為どころではなくなってしまいます。

性行為だけに限ったことではありませんが、ムードはとっても大切です!

シアリスの副作用

副作用が軽いと記載はしましたが、まったくないわけではありません。

「良薬口に苦し」という言葉が当てはまるかどうかは定かではありませんが、効果の高い薬には副作用はつきものです。

これはシアリスやタダリフトなどのED治療薬に限ったことではなく、世の中の薬すべてに言えることではありますが、高い効果がある薬には副作用を起こす可能性が十分にあるんです。

その中でもシアリスやタダリフトなど、タダラフィルを主成分とする薬においては、比較的軽いと言われています。

どのような副作用があるか?と気になるかと思いますので、主な副作用をご紹介致します。

シアリスの副作用

・頭痛

・潮紅

・ほてり

・鼻づまり

これらが主な副作用になりますが、稀に筋痛や四肢痛、消化不良などもあります。

これらの副作用の度合いには個人差があり、どの副作用も全く気にならないという人もいれば、頭痛がちょっと強くて性行為に苦労したという人もいます。

服用する人の年齢や、その日のコンディションなどが効果や副作用には影響するため、なるべくなら体調が万全なときに服用するのがとっても安心ですね。

併用禁忌薬

また、薬には併用禁忌薬というものが存在します。

併用禁忌薬とは薬の飲み合わせが悪い物を差します。

飲み合わせが悪いというのは、一緒に服用することで効果を弱めてしまったり、副作用を強めてしまう、身体に対して悪い影響が出てしまうことを言います。

シアリスの場合は主に硝酸剤と呼ばれる薬は絶対に併用してはいけません。

商品名や医薬品名を上げるとキリがないので、ここでは紹介しませんが、シアリスを服用する際に、持病などで別に服用している薬がある場合は必ず事前に調べるようにしましょう。

もし、自分自身で調べたりしても分からない場合には、かかりつけの医師に相談するなどの対策が必要です。

シアリスやタダリフトをはじめとしたED治療薬は、パートナーとのナイトライフ、性行為においてとても効果的な薬です。

その薬の効果をより有意義なものにするためにも、特徴を理解して用法用量をしっかり守りながら服用するようにしましょう。

シアリスの購入方法

シアリスの購入方法についてご紹介しています。

シアリスがどういう薬か理解しても入手方法が分からないとどうしようもないですよね。

そこで病院処方と海外通販、それぞれのメリットとデメリットや価格差、購入する際の流れについて分かりやすく解説いたします。

これからシアリスの購入を考えている人に是非参考にして欲しいです。

シアリスと他のED治療薬の比較

人気の先発薬(新薬)のなかでは最も新しいシアリスですが、どうして人気なのか?

三大ED治療薬と言われるファイザー社のバイアグラとバイエル社のレビトラ、そしてリリーアイコスのシアリス、この3つを比較して優れている点、劣っている点などをまとめてご紹介します。

自分にはどの薬が合うか分からないという人や、現在3つのうちのどれかを服用しているが満足できていないといった人には是非参考にして欲しいです。

EDの原因と改善方法

薬を使わずにEDを改善することができるのであればそれに越したことはありません。

そのためにはEDについて理解を深めることが必要不可欠です。

まずはどうしてEDになってしまったのか?そしてその原因をどうしたら解消することができるのか?

そういった点をしっかりと理解することでEDの改善方法が自然と導き出されます。

シアリス服用の体験談

シアリスの特徴や服用方法については知ってるけど、まだなんとなく不安。

そんな感覚を持ってしまう気持ち、もちろん分かります。

そんな人のために今までにシアリスを服用した人の体験談をご紹介します。

様々な境遇の人がシアリスを服用してどうなったのか、今後シアリスを服用していく上での参考にして欲しいです。